Twinkle world

歌のレッスンを受けるためイタリアに1年間留学!どれだけ成長できるかな?

留学1週目を終えた私の感想!


f:id:honeystoxic:20161127203919j:image

お久しぶりです!

先日メモ帳に書いておいたブログ記事が消えていて、あまりのショックにしばらくブログを書く気力が失せていました(笑)

 

 

イタリアに来て今日で1週間が経とうとしています!

 

1日目

初登校日。緊張しつつ受付に向かうと、にこやかにスタッフさんが迎えてくれ、一安心。

レベルチェックテストを受け、私はElementare3(初級3)のクラスに決まり、さっそく授業を受けました。

初授業は緊張しつつも刺激的で楽しかったです!

しかし先生が「この課題をペアになってやってみて」といっても、問題文の意味を理解できず何をすればいいかわからない自体に陥りました。

問題文をあらかじめ家で訳しておくことが必要だと感じました。

 

休み時間にすごく可愛くておしゃれな中国人の女の子が話しかけてくれました。

彼女は日本の文化にすごく興味を持っており、エリカって呼んで欲しい!と言われました。

 

授業が終わってから、2人でランチをしました!


f:id:honeystoxic:20161127204231j:image

バジルがのってないマルゲリータ。8ユーロ。おいしいんだけど大きくて食べきれなかった~(;´д`)

 

エリカはこの秋に大学を卒業した22歳。

「イタリアでファッションやスタイリングや特殊メイクの勉強がしたい。中国にいると家族や環境に守られているから安心してしまう。イタリアで人間的に成長したい。」と言っていました。私と同じ考えで驚き!

また、「私はイタリア語がうまくなりたいのに、語学学校で授業が終わればみんな英語で話してる。これじゃ上達しないから、一緒にイタリア語勉強しよう!」と言ってくれました。

そう、授業以外ではどこの国の子も英語で話しているんです。みんなネイティブのようにペラペラ!

せっかくイタリア語を学びに来ているのになんだか少しもったないなと思っていました。

私が考えていることと同じことを彼女も考えていて、そんな彼女と出会えたことがうれしかったです。

 

2日目

この日学校に行くと、昨日とは違う先生がいました。

どうやら昨日の先生は臨時だったらしく、こちら先生がこのクラスの先生だそうです。

彼女は太陽のように明るくていつもにこにこしていて、わかりやすい授業をしてくれます。

授業中わけわからなくて困ってしまっても、「Tranquillamente.(安心して、大丈夫よ)」と言ってくれるとても優しい先生です。

 

夜はトルコ人のルームメイト、アルプが夜ご飯に誘ってくれて、総勢7名でスポーツバーに行き、ビールを飲んでサッカーを見たりしました。

ここにはトルコ人、アメリカ人、イギリス人、ブラジル人、オランダ人がいたのですが、みんな英語でペラペラ話しています。

8割方何を言っているのかわからず(´;ω;`)

しかしアルプはとても優しいので、私にもわかりやすいように簡単な英語で話してくれたり、積極的に「もっと食べなよ!」「なに飲む?」と声をかけてくれます。

 

外国人には3種類の人がいると感じました。

  • 私にはお構いなしでガンガン英語で話してくる人。
  • 気を使って私には話しかけない人。
  • 優しい英語で話しかけてくれる人。

 

もう1人のルームメイト、オランダ人のヘレナは一番目のタイプです(笑)

まさかイタリアに来て英語のことで悩むとは思っていませんでした…

この日の夜は1日目よりも心細くて辛かったです。

 

3日目

この日は授業の後、ボイトレのレッスンがありました。

歌の先生は、これまたとても感じのいいにこやかで優しい先生です。

イタリアに来てから出会う人みんな優しい人ばかりで私は幸せです(T-T)

レッスンはイタリア語と英語が混ざっていますが、日本でも外国人の先生のレッスンを受けたことがあったので、問題なく意味は理解できました。

先生は優しい雰囲気ながらも、「あなたの発声は全然クラシックじゃない」とばっさり(笑)

この日先生に言われたのは

  • リラックスすること
  • 自然体でいること

でした。簡単なようで難しいです。

1年間で私の発声はどんな風に変わっていくのかとても楽しみです(^^)

 

4日目

この日は授業の後、郵便局に行って滞在許可証の申請をしました。

長期イタリア留学する場合はこの滞在許可証が必須!

イタリアについてから8日以内に申請しなければなりません。

こちらのサイトを参考にさせて頂きました!

【2017年最新版】イタリア滞在許可証申請の流れ・必要書類・料金まとめ - NAVER まとめ

(@w@) Giova-chang & Yoko (=M=) La nostra kawaissima vita in Italia! ジョバちゃんとヨウコのイタリア生活: 滞在許可書申請用紙の記入見本(学生) Gli esempi dei documenti della richiesta del permesso di soggiorno(KIT)

まずは郵便局で申請書類キットをもらいます。

そしたら書類に記入。難しくありません。

書いたらタバコ屋さんで16ユーロの収入印紙を購入します。

収入印紙はどこのタバコ屋にもあるというわけではないので、「うちにはない」と言われたら「どこで買えるか知っていますか?」と聞きましょう。

この手法でたらい回しにされながらも4軒目にしてやっと購入できました(笑)

そしたらまた郵便局に戻り、書類を提出してお金を払って終わり!

今度は2月に指紋採取のため警察署にいかなくては行けませんが、それまではとりあえず安泰です(笑)

郵便局の人はみんないい人で優しいので安心してください!

 

その後はエリカに誘われて買い物をしました。

エリカはまだイタリアに来て2週間ですが、いろんなアパレルのお店を知っています。

あるお店には毎日通っているそうです!すごい!

しかし「ここおすすめだよ!」と連れていってくれるお店は、どこも結構高い(^o^;)

もちろん物はとても良さそうですが、最低限の生活費しかもらってないので買えません(笑)

それでも商品を見たりエリカの試着に付き添っているだけで楽しかったです!

私は通学用のバッグが欲しかったので、「バッグのお店知らない?ただし30ユーロくらいの安いところ…」と聞いてみたら、イタリアのGUみたいな店に連れていってくれました!

若者向けのファッションですが、年配者もたくさんショッピングを楽しんでいました。

ここで私は通学バッグを購入!

29ユーロ(約3500円)で大満足でした(^^)

 

5日目

この日は月~木の疲れもあったのか、授業中に思考停止に陥りました(笑)

「日本ではどんなごみの分別の仕方をするの?リサイクルはどんな感じ?」と聞かれ、沈黙…。

「燃えるごみ、ペットボトル、缶に分別して、曜日ごとに出します。」と言いたかったけど、「燃えるごみ」「ペットボトル」「缶」「分別する」何一つ単語が出てこなかったんです。

先生は大丈夫よ、と言って、他の生徒に聞き直しました。

他の生徒は饒舌にどんな風に分別するのかを語りますが、何を言っているのか全然頭に入ってきませんでした。

 

他の生徒は、わからないことがあったらすぐに自分と同じ国の別な生徒に質問します。

「ねえ、ペットボトルってイタリア語で何て言うんだっけ?」みたいに。

また、何て言っていいか困っていると、同じ国の生徒が助けてくれます。

しかしこのクラスに日本人は1人。それどころか学校内でも自分以外日本人を見ません。

なぜなら私は自分に厳しくするためあえて日本人がいない学校を探したからです。

私はその選択を後悔し、とても寂しくなりました。

1人でもいいから日本人がいてくれたら、お互い助け合えるのに。

しかしそんなことを思ってもどうにもなりません。

自分が選んだ道で、どうにかやっていくしかないのです。

 

この日の午後は、ピアニストとの歌のレッスンでした。

このピアニスト、私が楽譜通り正確に歌えているかはチェックできるけど、発声や歌の技術に関しては教えることができないようで少し残念。

しかしせっかくのレッスンなので、次回からオペラ1本まるまる音取り稽古をしてほしい!と頼むと快諾してくれました。

想定外のことがあっても、どうやったら自分の成長につがなるかを考え、積極的に提案していくことが大事ですね。

 

6日目

この日は土曜日。授業はありません。

とても優しいルームメイトのアルプが、語学学校を修了して帰国のため、いなくなってしまいました。

たった5日しか過ごせませんでしたが彼はとてもとっても優しくていい友達でした。

本気で寂しい(T_T)

 

7日目

今日は日曜日。授業なし。

朝ゆっくり起きてご飯を食べてブログを書いています!

 

1週間を終えて

アルプやエリカのような素敵な友達ができ、また先生たちや交流するイタリア人たちもみんないい人で嬉しいです。

 

しかし、語学学校の授業は未だついていけない部分もあるし、他の国の子やルームメイトと英語を話すときは、ストレスをもろに感じます。

 

そんな悩みを聞いてほしくて、私は心の友である弟に電話しました。

そしたら弟はこんなことを言ってくれました。

もしGacktが同じ状況だったら、『他の人が外国語で流暢に話しているのに自分はできないなんて悔しい!』と思って猛勉強するだろう。一方サッカー選手の本田は、サッカーの練習が終わるとすぐに家に帰って遊びに行かないから、最低限の英語とイタリア語しか話せないらしいよ。イタリアにはサッカーをしに来てるから、語学を猛勉強することはない。

つまり、話せないことが悔しいと思うなら話せるように努力すればいいし、「語学じゃなくて歌をやりにきたんだ!」って思ってるなら、語学ができないことを引け目に感じる必要はない。だって歌のレッスンはちゃんとイタリア語で問題なくできてるんでしょ?

 

なんていいことをいうんだマイブラザー(T0T)

「話せない」「ついていけない」「みんなはできてるのに私はできない」

「ない」を探せば数えきれないほど出てくるけど、大事なのは最終的に「どうしたいか、どうなりたいか」なんですよね。

 

まだ留学は始まったばかり!

気負わず悲観的にならず楽しむつもりで明日からも頑張ります!