読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twinkle world

歌のレッスンを受けるためイタリアに1年間留学!どれだけ成長できるかな?

悪名高きクエストゥーラ(警察署)に行ってきた

イタリアに来て3ヶ月が経ちました。
全然ブログ更新していませんがとりあえず元気に過ごしております!

今日はあの悪名高きクエストゥーラに行ってきたのでそのことを書いてみます。

クエストゥーラとは?

警察署のことです。

イタリアに長期滞在する外国人は滞在許可証(通称ペルメッソ)という言わば在留カードみたいなものを取得しなければなりません。
さもなくば不法滞在になるらしい。
そのカードを発行してもらうために警察署に行かなくてはならないのです。

悪名高き…?

クエストゥーラに関して、今まで悪い噂しか聞いたことがありませんでした…笑

例えば

  • 5時間待たされた!(クラスメイトの台湾人が発狂してました)
  • 数時間待たされた挙句「今日は終わり」と言われた!
  • 書類に不備があり「2ヶ月後にまた来て」と言われた!(仲の良い中国人談)
  • 職員が不親切!態度悪い!
  • 難しいことを聞かれるからイタリア人の友達に付き添ってもらわなければ成功することは無い(数十年前に伊留学した私の師匠談)
  • 汚い!
  • 臭い!

などなど…(笑)
いろいろ聞いたところ、長時間待たされるというのは間違いないみたいです。

いざクエストゥーラへ

私が住む街フィレンツェのクエストゥーラは駅の近くにあります。

そして幸運なことに私のアパートから徒歩5分。

クエストゥーラ招集の紙には、「12:19に来てください」と書いてありました。細かいです。

あまり早く行っても待たされるだけだろうと思い、30分前に行きました。

入口に着くと、黒人が入口付近に大勢たむろしてタバコをふかしていました。オフィス内のベンチでは中国人やフィリピン人がだるそうに待っていました。ヨーロッパ系の人は皆無。彼らはペルメッソ必要ないらしいです。

オフィスは汚かったり臭くはありませんでしたが、みんな待ち疲れていてどよーんとした雰囲気を感じました笑

友人から前もって聞いていた手続きの流れはこんな感じです。

  • まず入口にいる警官にAの番号をもらう。
  • 自分の番号が呼び出されたら窓口に行き指紋をとられる。そしてBの番号をもらう。
  • 呼び出されたらまた窓口に行き、今度は手形を取られる。終了。

なぜ指紋と手形を同時に取らないんでしょう…?

まずさっそく入口にいる警察官にAの番号をもらおうと思ったのですが、警察官いない…
どうしよう、もしかして今日の受付は終了!?と思ってぼーっとしてたら、どこからか警察官戻ってきました。よかった。
彼に招集の紙を見せると、番号を書いてくれました。

f:id:honeystoxic:20170223022000j:plain

私の番号はA121
電光掲示板を見てみると

f:id:honeystoxic:20170223022020j:plain

この段階でAは73が呼び出されていました。
私の番はまだまだだろう…と思い、一旦家に帰り30分ほどくつろいでから、また電光掲示板の番号を見に行きました。

呼び出されていたのはA84
30分で約10番進んだことがわかりました。
ということは私の番号A121まではおそらくあと2時間くらいかな?まだまだだ~。

また家に帰り、今度は1時間してから赴きました。

するとその時呼び出されていたのは…A136

やばい!!めっちゃ過ぎてる!!!なんで?!

電光掲示板をよく見ると、先程まで2つの窓口でA、もう2つでBが呼び出されていたのに、今は4つすべての窓口でAが呼び出されている!!だから急に回転が良くなったんだな。

間合いを見て人がいなくなった窓口にさっと行き、番号を見せながら「すみません…遅れました(T_T)」というと、30代前半くらいのお姉さんが「遅れたの?」と言いつつ手続きを始めくれました。

招集の紙、パスポート、写真を出して、と言われたのでその通りにしました。
次に機械で指紋を取られました。やり方はお姉さんがジェスチャーで見せてくれたのでわかりやすかったです。
そして次に、「保険のグレードは?期間はいつまで?日本語読めないからわからない」と言われたので、保険の証書を見せながら説明しました。
保険の証書をコピーされ、「5/3の8時にまた来て」と言われ、それで終わりました。

あれ?Bは…?手形は…?

はい。推測ですが、午後になってから「やばい!このままじゃAの人達を全員さばききれない!」(クエストゥーラは15時で閉まる)という状況になり、Bを強制終了して全部の窓口でAを対応するようにしたんじゃないでしょうか。
なのでAの回転が早くなった。そして午後に呼び出された人たちは、再び5月に手形を取るためクエストゥーラに赴かなくてはならないのです。

5月に手形をとったら、ペルメッソを受け取れるのはおそらく7月頃でしょうか。
このようなことが多々あるため、ペルメッソを受け取らないうちに帰国日を迎えてしまう人も沢山いるそうです。なんのための滞在許可証なの?笑

まとめ

  • 入口の警察官や中の職員の態度は普通(その人によりけりだと思います)
  • 難しいことは聞かれない。ある程度イタリア語がわかっていれば大丈夫(イタリア人に付き添ってもらう必要なはない)
  • 招集時間が午後の場合、その日中に手続きを終えられない可能性があるので覚悟する


以上でした!